PR

エンタメ エンタメ

樹木希林さん死去 テレビ東京社長「違う世界の方だが、尊敬したいぐらいの生き方」

樹木希林さんの遺体の出棺を見送る長女の夫の俳優本木雅弘さん(右から2人目)、俳優の浅田美代子さん(その左奥)ら=17日午後、東京都渋谷区(共同)
Messenger

 テレビ東京の小孫茂社長は27日の会見で、女優の樹木希林さんが15日に75歳で亡くなったことについて、「私の年代の者にとっては非常に存在感のある大女優。どんな映画にもフィットする演技力、人間力をお持ちの方だなという印象を持っていた。病気と闘いながら映画にもテレビにも出て、逝去されたことを本当に残念に思うし、心からご冥福をお祈りする」と哀悼の意を示した。

 樹木さんは、10月13日から全国で公開される映画「日日是好日」(大森立嗣監督)に出演。テレビ東京はこの作品の製作委員会に名前を連ねており、小孫社長は「私どもが関わるものとしては、樹木希林さんの遺作。他にも本当に間際まで、いろいろな作品に取り組んでおられたのは、本当に頭が下がる思い。違う世界の方ではあるが、尊敬したいぐらいの生き方をされた方だと思っている」と悼んだ。

 その上で、同作品の試写を見た人たちからは、「絶対見た方がいい」「これは演じているのだろうか」「決して見逃すなよ」といった声があがっていることを紹介。「何の言葉がなくても、私どもへのメッセージが伝わってくる内容。ぜひ一度、二度とご覧いただくと、私どもが何百万言費やすよりもはるかに、ご本人が喜ぶお悔やみになると思う。それで希林さんからの一生を通じてのメッセージを頂けることになるのかなと思っている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ