PR

エンタメ エンタメ

「新しい名前と誌風で再出発を」新潮45休刊で竹内洋・関西大東京センター長

竹内洋・関西大東京センター長(栗橋隆悦撮影)
Messenger

 論壇誌の歴史に詳しい竹内洋・関西大東京センター長の話「以前の『新潮45』は右も左も問題だという独自のスタンスの雑誌で私もよく寄稿していたが、現在の若杉良作編集長に変わってからは明確に右寄りの誌面になり、いかがなものかと思っていた。部数低迷を受け、過激な右路線で売ろうというセンセーショナリズムに走ったのだろうが、その結果、『正論』や『WiLL』と似た内容となり、雑誌としての特色が失われた。そもそも編集長次第で極端に路線がぶれるのは読者も戸惑うし、どういう雑誌か分からなくなってしまう。今回の休刊は、迷走を重ね、汚れたブランドでこれ以上続けても仕方がないという判断ではないか。新しい名前と誌風で再出発した方がいいと思う」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ