PR

エンタメ エンタメ

テレビ10月改編(上)各局バラエティーに注力 坂上忍が司会、新たに2番組 有働アナも「目玉」 

坂上忍はフジテレビの「坂上どうぶつ王国」など2局で新たにMCに起用された
Messenger

 在京の民放テレビ5局の10月改編の内容が出そろった。各局ともバラエティー番組に注力し、うち2局はタレントの坂上忍をMC(司会)に起用した番組を新たに投入する。報道番組では、大物女性キャスターの起用や放送枠の拡大に乗り出す局が目立った。(大塚創造)

                  

 「卓越したMC力に尽きる」。TBS幹部は坂上をそう評価する。

 今回の改編で坂上は、世の中のあらゆる業界に存在する“ナンバーワン”を紹介するTBSの「1番だけが知っている」(月曜午後10時)と、「ムツゴロウ動物王国」のような施設造りを目指すフジテレビの「坂上どうぶつ王国」(金曜午後7時)の2つの新番組で新たにMCに起用された。4月改編でも坂上は両局のバラエティー2本でMCに就任しており、“坂上人気”の勢いは止まらない。

 TBSはこのほか、表舞台から姿を消した天才を追跡する「消えた天才」(日曜午後8時)も新たに編成する。日曜ゴールデン(午後7~10時)は日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」など高視聴率の3番組にNHKの大河ドラマもある激戦区だが、TBS幹部は「厳しい裏(番組の)環境だが、前向きにチャレンジし、何とか一矢報いるため頑張っていきたい」と強調する。

 一方、低視聴率からの脱却を目指すフジ幹部は「復活のキーになるのがバラエティー」と話す。「坂上どうぶつ王国」も含め、100人の一般公募の参加者から選ばれた1人の挑戦者が残りの99人を相手にクイズで対決する「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」(土曜午後7時)などバラエティー計3本を投入。フジの幹部は「フジテレビの顔となる看板番組を育てていきたい」と意気込む。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ