産経ニュース

清元斎寿が襲名後初の「清道会」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


清元斎寿が襲名後初の「清道会」

清元斎寿 清元斎寿

 江戸浄瑠璃の一派、清元三味線方の清元斎寿(さいじゅ)が、10月22日午後7時半から内幸町ホール(東京都千代田区)で、襲名後初のリサイタル「清道会」を催す。清元昂洋(たかひろ)として始めた会も9回目。今年2月、弟の歌舞伎俳優、尾上右近(=清元栄寿太夫)と同時襲名を果たし、斎寿として「名前を汚さぬ決意で、気持ちを新たに臨む」と決意を述べる。今回、鳥を捕る人の様子を描く「鳥刺し」と、静御前と佐藤忠信の旅を表現する「吉野山」を演奏する。斎寿は、「『吉野山』は芝居でもよく出る思い入れのある大曲。その良さを少しでも感じていただけるよう、精いっぱい勤めたい」と話している。(電)080・4862・5858。

「エンタメ」のランキング