PR

エンタメ エンタメ

【スポーツ新時代 “e”の可能性】(下)茨城・下妻市を「eスポーツの聖地」に Waiwaiドーム舞台に大会も

「Waiwaiドーム」に設置されたビジョンの前でポーズを取る内山学さん=茨城県下妻市下妻丁(丸山将撮影)
Messenger

 eスポーツで町おこしを-。

 そんな思いに燃えるプレーヤーが茨城県下妻市にいる。同市で建設業を営む内山学さん(42)は、同市の多目的施設「Waiwaiドームしもつま」で、今年に入って2度にわたりeスポーツの大会を開催してきた。内山さんは今月15日に同県つくば市で開かれる大会に出場し、下妻市を「eスポーツの町」としてアピールしようと意気込んでいる。

 「こんなに大きなビジョンがある施設は県内でも珍しい」

 昨年4月にオープンしたWaiwaiドームに設置されている200インチのビジョンを目の当たりにした内山さんは「町おこしのために有効利用できないか」と考え始めた。

 幼いころからテレビゲームに親しんだ内山さんは、数年前からeスポーツの大会をインターネットなどで観戦しており、演出のために大型ビジョンが欠かせないeスポーツの大会をWaiwaiドームで開催することを思いついた。

 今年2月ごろ、下妻市商工会青年部のメンバーを中心に「下妻e-sports実行委員会」を設立。ゲーム機やソフトをメンバーが自腹で購入するなど準備を進め、4月に第1回大会を、7月には第2回大会を開催した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ