PR

エンタメ エンタメ

明治維新胎動の地で“公園維新”だ! 山口ゆめ花博の挑戦、都市公園の既成概念塗り替える

「山口ゆめ花博」の入り口となる「ウェルカムゾーン」
Messenger

 全国持ち回りで毎年開催され、今年は山口県で「山口ゆめ花博」として9月14日から始まる「全国都市緑化フェア」(11月4日まで)。今回はひと味違ったものにすると宣言するのが、同博プロデューサーを務める沢田裕二さんだ。明治維新から150年。明治維新胎動の地で“公園維新”を起こそうというのだ。

形骸化

 「もともと、豊かな生活を目指して、各地の都市公園のこけら落とし行事として、当時の建設省が昭和58年に始めたのが、全国都市緑化フェアです」

 沢田さんが説明する。フェアには35年の歴史があるが、国民の間に浸透しているとは言い難い。バブル経済の崩壊とともに規模も縮小し、「すでに都市公園も各地に整備された後で、新しい公園ができるわけでもなく、著しく形骸化している」と指摘する。

 今世紀に入ると、「既存の都市公園に花を植えて、会期後には撤去する。来場者の7割はシニア女性」という状況となり、「毎年同じことを各地で開催しているだけの状況が近年は続き、時代に先駆けるような新鮮な展開に乏しくなっている」のが実情という。

 「シニア女性が悪いわけではないが、それ以外の層の誘客努力をしていない。社会を変革する仕組みづくりこそが、こうしたイベントの使命であるはずなのに」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ