PR

エンタメ エンタメ

ミハンに隠された真実とは? 危険人物は? 月9「絶対零度」最終話

渾身の演技を見せる主演の沢村一樹(C)フジテレビ
Messenger

 フジテレビ系月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜後9・0)が10日、いよいよ最終話を迎える。

 “ミハン”に隠された真実が次々と明かされ、全ての点と点が一つに繋がるラスト…物語はこんな感じだ。

 《井沢(沢村一樹)は、誘拐ビジネスを手がける犯行グループに拉致された山内(横山裕)の救出に向かう。すると、そこにベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸彩)の姿があった。桜木はすでに犯人たちを倒して拘束していたが、なぜか井沢に銃を向ける。「あなたはミハンに組み込まれた人間?」。桜木は憎しみの眼差しで井沢にそう告げると現場から立ち去る》

 井沢は「桜木がミハンを知っていたこと」「彼女の上司だった長嶋(北大路欣也)が資料課を探っていたこと」に触れ、東堂(伊藤淳史)に「何か知っているのか」と尋ねる。

 東堂は新たな危険人物を示唆する。それは「桜木泉」だった。死んだと偽装し日本に潜伏する彼女は、一体誰を殺そうとしているのか? そして井沢の復讐の行方は? 桜木を捜査することになったミハンチームはベトナムへ向かう。

 一方、話題となっていた沢村と本田翼のアクションシーンをまとめたYouTube動画も配信中。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ