産経ニュース

【クリップボード】「2001年宇宙の旅」を初公開時の映像で 10月、東京で70ミリニュープリント上映

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【クリップボード】
「2001年宇宙の旅」を初公開時の映像で 10月、東京で70ミリニュープリント上映

70ミリニュープリントで上映される「2001年宇宙の旅」 (c)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. 70ミリニュープリントで上映される「2001年宇宙の旅」 (c)2018 Warner Bros. Entertainment Inc.

 スタンリー・キューブリック監督の不朽の名作「2001年宇宙の旅」が、1968年の初公開時とほぼ変わらない映像と音声でよみがえる。製作50周年を記念して作られた70ミリフィルムニュープリントを用い、10月に東京・京橋の国立映画アーカイブで、6日間限定で上映される。

 このニュープリントは、「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督らが監修し、オリジナルのネガからデジタル処理を施さずに作成。今年のカンヌ国際映画祭で上映されたほか、米国、英国、ノルウェーなどで公開されている。

 70ミリは、通常の映画用35ミリフィルムよりも幅が広いことから、大型スクリーンで上映しても画質が落ちないのが特徴。国立映画アーカイブの主任研究員、冨田美香さんによると、今回のニュープリントは、デジタル処理された従来の70ミリと比べ、ネガの傷もそのまま焼き込まれているほか、色調は輝度が抑えられて重厚感があり、音もどっしりとした深みが感じられるという。欧米では70ミリ映写機を備えた一般の映画館で公開されているが、日本で70ミリを上映できる劇場は現在、同アーカイブの長瀬記念ホールOZUしかない。

 「うちのスクリーンは小さいので、目を覆い尽くす大画面の迫力は味わえないかもしれない。その分、フィルムの特質を凝縮した密度の濃い70ミリ映像を堪能できると思います」と冨田さんはアピールしていた。

 10月6、7、11~14日の6日間、各2回の上映。一般2500円。(藤井克郎)

「エンタメ」のランキング