PR

エンタメ エンタメ

「ちびまる子ちゃん」視聴率14・3% 訃報後初の放送、大幅上昇

 アニメ「ちびまる子ちゃん」の一場面。フジテレビ系で9月2日に放送される「まる子、きょうだいげんかをする」より((c)さくらプロダクション/日本アニメーション)
Messenger

 2日午後6時から放送されたフジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」の平均視聴率が、関東地区で14・3%、関西地区で11・9%だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。原作者のさくらももこさんの死去が報道されて以降、初めての放送。前週8月26日の関東地区の平均視聴率は5・6%で、8・7ポイント上昇した。

 番組は死去を受け、漫画の連載開始25周年を記念して2011年10月に放送した「まる子、きょうだいげんかをする」など二つのエピソードに変更。番組の終わりには「心よりお悔やみ申し上げます」とのメッセージを伝えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ