PR

エンタメ エンタメ

【映画「ボルグ/マッケンロー」】松岡修造さんに聞く(下)26歳で引退したボルグ…「彼は完全に孤独だった」

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」でボルグを演じたスベリル・グドナソン(左)とマッケンロー役のシャイア・ラブーフ
Messenger

思い知った世界トップのテニス

--マッケンローと実際に対戦したが

 《1988年4月のサントリー・ジャパン・オープン準々決勝で6-7、6-7と善戦した》 

 「実際に試合をして感じたのは、どんなに追いつめられた場面でも、ここぞというところでパーフェクトな戦略でプレーができるということ。こんなパーフェクトなプレーをする選手がいることの驚きと、これが世界のトップクラスのテニスなんだと思い知らされたのをよく覚えています」

--今のトップ選手であるラファエル・ナダルと昔のマッケンローが対戦したら?

 「あの頃のテニスと今のテニスはプレースタイルから違いますから比較は難しいですね。現代と昔の違いでいえば、当時は試合が終わったら選手同士でお酒を飲みながらコミュニケーションをとったりと、社交的な部分を大事にしてきた時代でした。しかし今の選手たちはいい意味である一定の距離感を保ちながらお互いをリスペクトし合うというスタイルなので、必要以上の個人的交流はあまりないと思います。ボルグとマッケンローの時代はテニスがプロフェッショナルスポーツへと変わっていくターニングポイントでした。ボルグは完全に孤独だったし、その孤独を解消できるものが見つけられなかったからこそ、彼は26歳という若さで辞めてしまうわけです」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ