PR

エンタメ エンタメ

【新潟から羽ばたく女優たち(上)】新潟市出身・山田愛奈さん(19) 「思春期の気持ち共感して」

山田愛奈さん=新潟市中央区のシネ・ウインド(松崎翼撮影)
Messenger

 新潟県出身の若手女優が映画で主役を務め、テレビCMや雑誌、舞台などで活躍している。モデルとしても注目を集める新潟市出身の山田愛奈(あいな)さん(19)さんと、新発田市出身の木竜麻生(きりゅう・まい)さん(24)。2人の素顔や出演作品への思い、今後の意気込みを2回に分けてそれぞれ紹介する。(新潟支局 松崎翼)

 五泉市や長岡市など県内で全てロケが行われた映画「いつも月夜に米の飯」で、山田さんは不器用ながらも恋や仕事に奮闘する主役、千代里役を演じた。「思春期のもどかしさや苦しさ、恥ずかしいけど誰かを好きになる気持ちがいっぱい詰まっていて、共感してもらえるはず。この先忘れることのない作品になった」と力を込める。

 新潟で居酒屋を営む母、麗子(高橋由美子)の下を離れ、東京の高校に通う千代里。母親が失踪したと聞きつけて地元に帰ると、店を守る料理人のアサダ(和田聰宏)と出会う。次第にアサダに心を寄せていく千代里。そこへ、母が突然帰ってくる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ