PR

エンタメ エンタメ

ラジオを記事化 ネットで配信着々 広告収入増やリスナー開拓狙う

Messenger

 音声媒体のラジオ局が、放送した番組内容を記事化するなどしてインターネット上で情報発信する動きが活発化している。自社サイトでのネット広告の収入増や新規リスナーの開拓、ネットでラジオ番組を配信する「radiko(ラジコ)」への誘導などが狙いだ。音声を活字で届ける“ラジオの記事化”が着実に浸透している。(大塚創造)

 「外部配信を含めページビュー(PV)をアップさせ、そこから広告収入アップ、番組の認知度アップ、ラジコへの誘導の全てを目指したい」

 ニッポン放送デジタルソリューション部の伊藤浩一副部長は、番組記事の狙いについてそう話す。

 同局では平成28年4月から番組記事の配信を始め、現在は「ニッポン放送1242.com」や、番組開始から昨年で50年を迎えたオールナイトニッポンのサイト「allnightnippon.com」など公式サイト3つで記事を配信する。「1242.com」の記事は「Yahoo!(ヤフー)ニュース」や「SmartNews(スマートニュース)」など7つの外部配信先を抱えている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ