PR

エンタメ エンタメ

【クリップボード】裕次郎の愛車のベンツなど1000点展示 東京・松屋銀座で「石原裕次郎の軌跡」

愛車「メルセデス・ベンツ300SL」と石原裕次郎(石原プロモーション提供)
Messenger

 昭和を代表するスター俳優、石原裕次郎(1934~87年)の貴重な資料や遺品などを紹介する展覧会「石原裕次郎の軌跡」(石原プロモーション主催)が松屋銀座(東京都中央区)でスタートした。会期は9月3日まで。石原の独特の美学を持った生き方の一端がうかがえる。展覧会は松屋銀座を含め、全国計8カ所を巡回する。

 展覧会では、昨年8月に閉館した石原裕次郎記念館(北海道小樽市)で展示されていた愛用品など約2万点から約1000点を厳選。ジャケットや靴のほか、石原が19歳のころに描いた絵、主演映画「嵐を呼ぶ男」で使ったドラムセットなどが並ぶ。松屋銀座では愛車の「メルセデス・ベンツ300SL」も展示されている。

 石原の命日である7月17日に開かれた会見には、石原の妻で石原プロモーションのまき子会長(85)が出席。「『もう一度裕次郎の世界を見たい』という方が多くいる。こちらから全国を移動して皆様にお披露目したかった」と同展の趣旨を語った。

 女優・北原三枝として活躍していた昭和35年に石原と結婚した際に贈られた結婚指輪などを初展示することにも言及。「当時は俳優同士の恋愛を公にできない時代。裕次郎は『それは時代遅れ。堂々と受け取ってほしい』と言いました」と懐かしそうに語った。料金は一般1000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円。問い合わせは松屋銀座(電)03・3567・1211。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ