PR

エンタメ エンタメ

女優、菅井きんさん死去 テレビ時代劇「必殺」シリーズの姑役で人気

女優の菅井きんさん
Messenger

 テレビや映画で名脇役として活躍した女優、菅井きん(すがい・きん、本名・佐藤キミ子=さとう・きみこ)さんが心不全のため、10日に死去した。92歳。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

 大正15年、東京出身。旧文部省で事務の仕事などを経験した後、昭和21年、東京芸術劇場研究所に入所。翌年「林檎園日記」で初舞台を踏んだ。その後、俳優座へ。黒澤明監督の「生きる」「赤ひげ」など数多くの映画、テレビで脇役として活躍。クセのある庶民的な老け役を得意とした。

 59年の伊丹十三監督の「お葬式」などで日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。テレビ時代劇「必殺」シリーズでは、主人公役の藤田まことさんを「ムコ殿!」といびるしゅうとめ役をコミカルに演じ、人気を集めた。平成20年の「ぼくのおばあちゃん」では、82歳で映画初主演を果たした。2年に紫綬褒章、8年に勲四等宝冠章。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ