PR

エンタメ エンタメ

【TVクリップ】「太陽を愛したひと 1964あの日のパラリンピック」向井理

昭和39年の東京パラリンピックを成功に導いた整形外科医を演じる俳優の向井理(荻窪佳撮影)
Messenger

大会を楽しめる起爆剤に

 昭和39年の東京パラリンピックを成功に導いた伝説の整形外科医、中村裕(ゆたか)(59年に57歳で死去)を演じる。「一言で言うと本当に熱意と行動力がある人。実在の人を演じるプレッシャーは大きいが、まずは中村先生が生きた時代と信念のエッセンスをどれだけ表現できるか考えた」

 日本ではリハビリという言葉すらなかった35年。中村はイギリスでスポーツを取り入れた障害者医療を学び、帰国後、障害者スポーツの普及に尽力する。「見せ物にしないでほしい」という障害者家族からの反対の声も挙がる中、日本選手団団長として東京パラリンピックに臨んだ。

 「台本で初めて知り、勉強になった。当時を知らない自分からしても差別みたいな目は今よりもさらに厳しかったことを考えると、すごい人がいたんだなと単純に思った」

 中村はその後、障害者が仕事を持って自立することが必要との信念に至り、40年に出身地の大分県別府市で「太陽の家」を創設。オムロンやソニー、三菱商事など日本を代表する大企業と提携して共同出資会社をつくり、多くの障害者を雇用した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ