産経ニュース

【ニッポンの議論】ネット上の表現規制 事業者は公平に処理/不当な私的検閲にも

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ニッポンの議論】
ネット上の表現規制 事業者は公平に処理/不当な私的検閲にも

町村泰貴・成城大法学部教授(左)と村井純・慶応大教授(伊藤洋一撮影) 町村泰貴・成城大法学部教授(左)と村井純・慶応大教授(伊藤洋一撮影)

 --今後どうすべきか

 「ネットが整備された初期、ネズミ講のような犯罪が起きた。しかし実態は『あの情報はネズミ講だから気をつけろ』という内容のほうが多かった。有用なメッセージは広がり、ウソや信用されない情報は拡散せず淘汰(とうた)されてきた。ネットだから悪い情報が流れる、というのは見当違いだ。ネットは地球全体でつながることが大事。国際機関や国、民間などが時代に適したネットのルールを探る必要がある」

 〈むらい・じゅん〉昭和30年、東京都出身。慶応大大学院理工学研究科博士課程修了。東大大型計算機センター助手、慶応大助教授などを経て平成9年から現職。著書に「インターネット新世代」など。

続きを読む

「エンタメ」のランキング