産経ニュース

【クリップボード】ガンダム、初の実写映画化 米製作会社と共同で

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【クリップボード】
ガンダム、初の実写映画化 米製作会社と共同で

「アニメ・エクスポ2018」で機動戦士ガンダムの実写映画化を発表する宮河恭夫サンライズ社長 「アニメ・エクスポ2018」で機動戦士ガンダムの実写映画化を発表する宮河恭夫サンライズ社長

 人気アニメーション「機動戦士ガンダム」が米国で初めて実写映画化される。同作品を製作する「サンライズ」(東京都)の宮河恭夫社長が、7月に米国で開催されたアニメ・漫画の祭典で発表した。

 宮河社長は「まもなく40周年を迎えるガンダムの大きなプロジェクトの一つとして実写映画化を考えた」と趣旨を説明。映画の公開時期、キャスト、物語など詳細は言及しなかった。

 同社によると、SF作品「パシフィック・リム」(2013年)や「GODZILLA ゴジラ」(14年)を手がけた米大手映画製作会社「レジェンダリー」との共同製作となる。宮河社長は「シナリオや(登場する)メカのデザインは両社が納得するまで協議を続ける」と強調した。

 会見に同席したサンライズの親会社「バンダイナムコホールディングス」(東京都)の田口三昭社長は「実写映画化は、ガンダムファンの予想をまたさらに超える新しいイノベーションになる」と力を込めた。

 「機動戦士ガンダム」は昭和54年から55年までテレビ放映されたロボットアニメの金字塔。「モビルスーツ」と呼ばれるロボットのアクションに加え、主人公の青年の人間的な成長が描かれている。その後、主人公や設定、ロボットのデザインを変えて多くのシリーズが作られ、今年11月には「機動戦士ガンダムNT」が劇場公開される。

 人気は世界にも広がり、今年公開された米SF大作の「パシフィック・リム アップライジング」や「レディ・プレイヤー1」にもガンダムが登場し、話題を呼んだ。(高橋天地)

「エンタメ」のランキング