PR

エンタメ エンタメ

脚本家の橋本忍さんが死去 映画「羅生門」や「砂の器」など

死去した脚本家の橋本忍さん
Messenger

 映画「羅生門」や「砂の器」などの名作を手がけた戦後の日本映画界を代表する脚本家の橋本忍(はしもと・しのぶ)氏が19日午前9時26分、肺炎のため東京都内の自宅で死去した。100歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は脚本家の長女、綾(あや)さん。

 大正7年生まれ。結核療養中に初めて映画のシナリオに触れ、会社勤めをしながら脚本家で映画監督の伊丹万作に師事。昭和25年の「羅生門」で、黒澤明監督との共同脚本でデビューした。この後も、黒澤監督らとの共同脚本で、「生きる」「七人の侍」など数々の黒澤作品に携わった。

 33年にはテレビドラマ「私は貝になりたい」で脚本を執筆。理髪師だった兵隊が戦後、裁判にかけられて絞首刑になる話で、テレビ草創期の名作として大評判に。その後、自身の脚本・監督で映画化もされた。

 また、48年には橋本プロを設立。製作者、脚本家として「砂の器」「八甲田山」など日本映画史に残る大ヒット作を次々に送り出し、他に、松本清張原作の「張込み」、「日本のいちばん長い日」「日本沈没」など。手がけた映画の脚本は数十本に及ぶ。元日本シナリオ作家協会理事長。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ