産経ニュース

人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演

東京二期会が上演するオペラ「魔弾の射手」の舞台 東京二期会が上演するオペラ「魔弾の射手」の舞台

 百発百中の魔力を持つ弾丸に翻弄され、人間の真相が浮き彫りとなるオペラ「魔弾の射手」が18日から東京文化会館(台東区)で上演される。声楽家団体の東京二期会がドイツのハンブルク州立歌劇場との共同制作で行うもので、演出を手がけるペーター・コンビチュニーは「人間性を問う非常に重要なオペラ。全てを破壊する力を持ってしまった現代社会の問題を扱っている」と語り、舞台上の小さな動きにも濃密な意味を与えている。

 「魔弾の射手」はドイツ・オペラの著しい発展をもたらしたウェーバー(1786~1826年)の代表作。民話を下敷きにした物語が、深い森や暗い谷の神秘的な情景、村人のいきいきとした姿などを精妙に映し出す音楽でつづられる。

 狩人で名射手のマックスは森林官の娘、アガーテと相思相愛の仲。明日の射撃大会で優勝すれば結婚が許され、森林官の後任にも就くことができるが、長くスランプに陥っている。そこでマックスは、悪魔と通じた先輩狩人の言葉に引き寄せられ、どんな的も撃ち落とす魔の弾丸(魔弾)を手に入れる。その最後の1発は悪魔の望む場所に命中するという。これで締めくくりとマックスが撃った弾はアガーテに向かって飛んでいく…。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演
  • 人は神も悪魔もなく生きていけるのか 東京二期会がオペラ「魔弾の射手」、18日から上演

「エンタメ」のランキング