産経ニュース

「若林&指原のいま部屋探してます」G帯進出 爆笑トークの連続

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「若林&指原のいま部屋探してます」G帯進出 爆笑トークの連続

漫才のようなトークを繰り広げた若林正恭と指原莉乃(C)フジテレビ 漫才のようなトークを繰り広げた若林正恭と指原莉乃(C)フジテレビ

 深夜からゴールデンタイム初進出となる「若林&指原のいま部屋探してます」(14日後6・30、フジテレビ系)のMC、若林正恭(39、オードリー)と指原莉乃(25、HKT48)がこのほど取材に応じ、意気込みを語った。

 「部屋を見れば人生が見える」というコンセプトの部屋探し“のぞき見バラエティー”。今年1月に放送され好評で、これまでにバラエティーとしては異例ともいえる4回の再放送(急きょの差し替え番組などで)が行われた。

 パワーアップして送る今回は、外国人から人気の歴史と文化の街・京都、多くの人が集まる東京の不動産屋さんで張り込み取材。シングルマザー、定年退職者、芸妓さんらさまざまな人たちの部屋探しを通して、それぞれの人生をのぞき見していく。

 芸能人のVTR出演は、13年交際した女性と昨年結婚したANZEN漫才・あらぽん、元宝塚トップスターの紫吹淳。スタジオゲストには梅沢富美男と沢村一樹が登場し、言いたい放題のにぎやかな収録が展開された。そんな余韻を残したまま、収録後の若林、指原が取材陣の前に。若林は交際中の女優、南沢奈央(28)との新居探しでも…と気になるところだが、さて?

 --印象的なVはありましたか

 若林「紫吹さんの部屋探し。これぞ紫吹さんというキャラクターの面白さが出ていた。普段見ないような物件も出現しておもしろかった。でも…スタジオがちょっと荒れすぎていたかな(苦笑い)」

 指原「分かります。私、4時間くらいの収録に感じた。ぐったりしました(笑)」

 若林「指原さん、途中で止めるのかなと思ったら輪をかけて被せてきたりして慌てちゃった。そんなところも見どころの一つではないか、と」

 指原「Vはドキュメンタリータッチのものも多く、胸が苦しくなることもあった。だからこそ、紫吹さんの華やかさに助けられた部分も。部屋探しの“あるある”が詰まった番組になっている。スタジオは前回の特番が2人で、今回は4人。ゲストによって雰囲気が変わる番組ってあると思うけど、これは変わらず。なかなか悪い番組になっている(笑)」

 若林「確かになあ」

 指原「こういうのってブラッシュアップされてさわやかになったりするじゃないですか。決してさわやかになっていない」

 若林「本当にそうだね(笑)」

 --ご自身の物件について過去に失敗談はありますか

 若林「20代の頃の月3万円の風呂なしアパート。隣に新人のラッパーが住んでいた(笑)。ずっと隣から『おれはナンバー1』と聞こえてきた。結構早朝から声が飛び込んできて困っていましたかね」

 指原「寮に住んでいた時代。ダンスの練習やはしゃぐ声で私たちがうるさくて、そのとき先輩が上からドン、と。めっちゃ、びっくりした。反省しましたね」

 --ちなみに、その先輩って?

 指原「絶対に言えません(笑)」

 --ゴールデン進出について

 若林「今からでも深夜にできないかな(爆笑)。梅沢さんも沢村さんもそんなトークばかりで、もうイマジカ(編集作業)にまかせるしかない、と。午後6時半からでしょ? 大丈夫かな。こういうとき、冗談で大丈夫かなって言うけど、本当に大丈夫かなって感じです(笑)」

 指原「私は手応え、ビンビン。自信満々。でもゴールデンは嫌かな。もう少し遅い時間にレギュラーになったらいいな」

 若林「いや、これ、ゴールデンでやるっていう記事なのよ(笑)」

 指原「いや、でも面白さは変わりませんから。4回再放送しているくらいですから。4回って相当人気のドラマくらい?(笑)」

 若林「聞いたことないね」

 指原「バラエティーでそんなに再放送しているの、これくらいですから。相当自信があるんじゃないかなと思って。フジテレビさん的にも(笑)」

 --指原さんは引っ越しを考えていないということですが、若林さんは?

 若林「うーん、今のところ結構気に入っている。番組でも途中出ていたけど、占い師さんに見てもらうのはどうかな。ちょっと運気が上がるとかあるのかな? 次回、やってもらいたいな」

 指原「あっ、若林さんの家、探しましょうよ(と、いきなり提案)」

 若林「おれの家?」

 指原「お願いします。最近、芸能人の家を探す番組が流行っているから」

 --こういうジャンルの人の家探しをやってみたいってありますか

 若林「IT系の起業家の方々がすごいって聞くので、気になりますね」

 指原「めちゃめちゃ、むかつくと思いますよ(笑)」

 若林「気をつけなさいよ、そんな発言は。怒られますよ」

 指原「ほんと、そういう人ってそうじゃないですか」

 若林「そうなのかなあ。なんでおれがフォローするんだよ(爆笑)。まあ羽振りのいい人、これから東京で頑張る人…いろんな人を見てみたい」

 指原「ピンポイントなんですが、AKBを卒業した西野未姫ちゃん。つい最近まで月20万円くらいのタワマンに住んでいたらしい。最近はバラエティーで活躍しているけど、今とにかくお金がないみたいで、いつも峯岸みなみにご飯をおごってもらっているらしい。だからちょうどいい物件を探してあげたい。理想が高いんじゃないかと思うので、スタジオに呼んでめちゃめちゃ悪口を言いたいな(悪魔の微笑み風)」

 若林「それ、もう悪口言いたいだけじゃん(爆笑)」

 ちなみに、梅沢らは「この番組好きだ。打ち合わせも2分で終わったし、自由にモノが言えるし、久しぶりにパワー全開だ。当たるよ!」とご機嫌で帰って行った。

(産経デジタル)

「エンタメ」のランキング