産経ニュース

イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…

毎年開催されているセレモニーでバレエを踊るバグダッド音楽バレエ学校の生徒たち=2018年4月4日、イラク(AP) 毎年開催されているセレモニーでバレエを踊るバグダッド音楽バレエ学校の生徒たち=2018年4月4日、イラク(AP)

 記事が書かれた当時、バグダッドではテロが頻発していたこともあり、学校には警察官が配置されていたが、「ハラーム」であるバレエを教える学校を警備する自体を嫌がる警察官もいたという。大通りに面した門には、人目に付かないよう学校の看板も掲げられていないと書かれていた。

 また女子生徒たちは小学校を卒業する年頃になると、親たちが男子生徒と体が接触することを嫌がり、バレエをやめさせるケースも多いという。

 12歳(当時)の女子生徒はガーディアン紙に、「みんなハラームで恥ずべきと言う。でも、私の両親は私が踊るのを楽しんでくれる」と話している。この女子生徒の父親は俳優で、母親はテレビのディレクターという。洋の東西を問わず、バレエが好きな人たちはどの国にもいるのだ。

 米NBC(電子版、2017年4月15日)の記事によれば、イラクには民間の音楽学校がいくつかあるが、バレエの授業を提供しているのは同学校のみ。男女共学で、幼稚園児から高校生までが通っており、生徒数は約530人。セキュリティー上の問題からバレエの公演の機会は極めて限定的で、観客も生徒の保護者らに限られるという。

 AP通信は2016年3月に配信した記事で、同学校が資金難に直面していることを報じている。湾岸戦争で経済制裁が科されるまでは、サダム・フセイン大統領(当時)を支えた世俗的な支配政党「バース党」によって、惜しみなく資金が提供されていたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…
  • イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…
  • イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…

「エンタメ」のランキング