産経ニュース

【第30回世界文化賞】受賞者の素顔 演劇・映像部門 カトリーヌ・ドヌーヴ氏

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【第30回世界文化賞】
受賞者の素顔 演劇・映像部門 カトリーヌ・ドヌーヴ氏

フランスを代表する女優で、「エレガンスを体現する女性」と評されるカトリーヌ・ドヌーヴ氏(ロイター) フランスを代表する女優で、「エレガンスを体現する女性」と評されるカトリーヌ・ドヌーヴ氏(ロイター)

 フランス映画界を代表する女優。デビューから半世紀余り、第一線を走ってきた。出演作は100本を超える。

 両親とも俳優という芸能一家に生まれ、中学生の頃から映画に出演してきた。1964年、ジャック・ドゥミ監督のミュージカル映画「シェルブールの雨傘」で恋人を慕う港町の可憐(かれん)なヒロインを演じ、一躍世界的スターとなった。

 輝くようなブロンド、まっすぐな瞳。フランスでは「エレガンスを体現する女性」として常に真っ先に名前があがる。一方で、単なる美人女優に終わらなかったのは、常に一癖もふた癖もある役柄に挑戦してきたからだ。

 シュールレアリスム派の巨匠、ルイス・ブニュエル監督の「昼顔」(67年)では、マゾヒスティックな妄想におぼれる人妻を熱演。英国人歌手、デヴィッド・ボウイと共演した「ハンガー」(83年)で女吸血鬼に扮(ふん)した。「8人の女たち」(2002年)でファニー・アルダンとキスシーンを演じ、「大女優のレズビアン共演」が話題になった。

 ナチス占領下のパリが舞台の「終電車」(1980年)、仏領インドシナの独立運動を描いた「インドシナ」(92年)の2作品で、仏セザール賞の最優秀主演女優賞を獲得。演技派女優としての地位を確立した。

 米欧各国の映画に出演してきたが、フランス映画への思い入れはひときわ強い。「映画は、その国の社会や暮らしと結びついています。フランス映画で登場人物はよくしゃべる。言葉がとても大切なのです」と語る。

 出演作は脚本の面白さで決めている。「どんな役柄を選ぶのも、好奇心から」という。是枝裕和監督の次回作出演の計画も浮上しており、日本人ファンの注目を集めそうだ。

(Catherine Deneuve 1943年10月22日 フランス・パリ生まれ)

「エンタメ」のランキング