産経ニュース

【桂歌丸さん死去】三遊亭小遊三さんらが泣き笑いの会見「もう口きかないと思うと、本当にさみしい」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【桂歌丸さん死去】
三遊亭小遊三さんらが泣き笑いの会見「もう口きかないと思うと、本当にさみしい」

亡くなった桂歌丸について、在りし日の思い出話で盛り上がる(左から)春風亭昇太、三遊亭小遊三、桂米助、桂歌春=東京都新宿区の芸能花伝舎 (撮影・佐藤雄彦) 亡くなった桂歌丸について、在りし日の思い出話で盛り上がる(左から)春風亭昇太、三遊亭小遊三、桂米助、桂歌春=東京都新宿区の芸能花伝舎 (撮影・佐藤雄彦)

 人気テレビ番組「笑点」の5代目司会者で、古典落語の名手として知られる落語家、桂歌丸さんが2日に81歳で亡くなったことを受けて、歌丸さんが会長を務める落語芸術協会は3日午前、東京都内で会見を開いた。会長代行で「笑点」で長年共演した三遊亭小遊三(こゆうざ)さん(71)らは「もう口をきかないと思うと、本当にさみしい」と、泣き笑いで記者の質問に答えた。

 会見に出席したのは小遊三さんのほか、歌丸さんの弟弟子の桂米助さん(70)、一番弟子の桂歌春さん(68)、「笑点」の司会を歌丸さんから引き継いだ春風亭昇太さん(58)。

 小遊三さんが「晩年の(三遊亭)円朝ものに取り組む姿が強烈に記憶に残っている。完璧で誰もまねできない」と振り返り、「でも宴会で踊ったり、とてつもなくかわいらしい姿を見たこともありますよ」と話し出すと、それぞれが思い出話に花を咲かせていった。

 昇太さんは、大河ドラマ「直虎」に今川義元役で出演した際、歌丸さんに「昇太さん、出ていいな、オレも出てぇな」と声を掛けられたという。ひそかに時代劇に出演したがっていたといい、「『オレ、千利休ならうまくできそうな気がする』って役まで決めていたんですよ、よっぽど出たかったんだろうな」と会場を沸かせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 三遊亭小遊三さんらが泣き笑いの会見「もう口きかないと思うと、本当にさみしい」
  • 三遊亭小遊三さんらが泣き笑いの会見「もう口きかないと思うと、本当にさみしい」
  • 三遊亭小遊三さんらが泣き笑いの会見「もう口きかないと思うと、本当にさみしい」

「エンタメ」のランキング