産経ニュース

【東日本大震災】被災者の揺れ動く感情「考えて」 浜松市の女性ディレクター制作映画が「山本美香賞」に

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【東日本大震災】
被災者の揺れ動く感情「考えて」 浜松市の女性ディレクター制作映画が「山本美香賞」に

 ドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」を制作した笠井千晶さん=2015年8月、福島県南相馬市(本人提供)  ドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」を制作した笠井千晶さん=2015年8月、福島県南相馬市(本人提供)

 「福島では想像を超える悲しいことが起きているのに、原発事故だけが注目され、津波被害がほとんど知らされていない」。上野さんから伝わった思いを映画にしようと決意。テレビ局を退職し、昨年1月に完成させた。

 全国各地で開いた上映会は約20回。今年5月に三重県鈴鹿市であった上映会では「災害で大切な人を亡くし、後悔している人がいることを知ってほしい。そして、自分の身にも起きるかもしれないと考えてほしい」と呼び掛けた。

 2012年8月に銃撃戦に巻き込まれ倒れた山本さんも、帰国後に被災地の取材を再開するつもりだったという。「山本さんと私の伝えたかったことが重なっているかは分からないが、受賞で背中を押してもらった気がする」。これからも福島を撮り続けようと、固く胸に誓っている。

このニュースの写真

  • 被災者の揺れ動く感情「考えて」 浜松市の女性ディレクター制作映画が「山本美香賞」に

「エンタメ」のランキング