産経ニュース

「万引き家族」是枝裕和監督 絆とは…生まれ壊れるまで

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「万引き家族」是枝裕和監督 絆とは…生まれ壊れるまで

是枝裕和監督は「家族のあり方をさまざまな切り口から考察できる」と語る(寺河内美奈撮影) 是枝裕和監督は「家族のあり方をさまざまな切り口から考察できる」と語る(寺河内美奈撮影)

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」に輝いた是枝裕和監督(56)の「万引き家族」(8日から東京・TOHOシネマズ日比谷などで全国公開)は、万引で暮らす貧しい6人家族の物語。彼らの日常を通して、是枝監督は「よく耳にする“家族の絆”とはそもそも何か。改めて意味を考えたくなった」と語る。(高橋天地)

 着想は、家族が絡んださまざまな事件の報道から得た。中でも万引で生活する親子の事件が心に残った。逮捕された親子は、釣りざおだけは転売せず家に置いていたという。

 「家族で釣りをしたくて売らなかったらしい。仲良く釣り糸を垂れる親子の絵が頭に浮かんだ。万引は犯罪だが、ほほえましく、いい話だとも思った」と是枝監督。

 また、平成23年の東日本大震災以降、家族の絆という言葉が連呼されるようになったが、「どこかしっくりこない。犯罪だけでつながる家族にも、彼らなりの家族の絆があるのではないか」と考えたことも作品の製作を後押しした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「万引き家族」是枝裕和監督 絆とは…生まれ壊れるまで

「エンタメ」のランキング