産経ニュース

テレ朝社長 50代社員の過労死「大変重く受け止める」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


テレ朝社長 50代社員の過労死「大変重く受け止める」

テレビ朝日の角南源五社長=4月24日、テレビ朝日 テレビ朝日の角南源五社長=4月24日、テレビ朝日

 テレビ朝日の角南(すなみ)源五社長は29日の定例会見で、同局の50代の男性プロデューサーが過労死した問題などに絡み、「大変重く受け止め、全社を挙げて働き方改革に取り組んでいる」と語った。

 同局ではドラマを担当していた男性プロデューサーが狭心症発症後の平成27年に心不全で死亡し、三田労働基準監督署が同年に過労死だったとして労災認定。さらに、別の社員や派遣社員に労使協定(三六協定)を超える違法残業があったとして、同監督署が26~29年に少なくとも3回にわたって是正勧告をしていた。

 角南社長は会見で「労基署から受けた勧告はいずれも是正報告をしている。こうしたことを受け、当社では現在、全社を挙げて働き方改革に取り組んでおり、健康確保のための措置の強化や、管理職の勤務時間の把握の徹底など社員およびスタッフの命と健康を守るための対策をより一層進めている」と強調した。

 また、財務省の福田淳一前事務次官による同局の女性記者へのセクハラ問題で、女性記者が福田前次官のセクハラ発言を隠し録りし、音声データを週刊新潮に提供していたことに絡む関係者の処分などについて、角南社長は「現段階では何も決まっていない」と述べるにとどめた。

「エンタメ」のランキング