PR

エンタメ エンタメ

歌手、西城秀樹さんの通夜に列 法名は「修音院釋秀樹」 郷ひろみさん「心に穴」  

昭和49年に日本人のソロ歌手として初めて野球場公演を行った西城さんにふさわしく、野球場を模した祭壇=25日、東京都港区の青山葬儀所(中井誠撮影)
Messenger

 16日に急性心不全のため63歳で死去した歌手、西城秀樹さんの通夜が25日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。西城さんとともに「新御三家」と呼ばれた歌手の野口五郎さんと郷ひろみさんのほか、俳優としてドラマで共演した作曲家の小林亜星さんらゆかりの人々やファンら約4千人が弔問に訪れた。

 郷さんは「一緒にいることが当たり前だった。大きな穴が(心に)空いてしまった」と寂しさを語った。

 祭壇は、約1万7千本の花で野球場をイメージ。西城さんが昭和49年に大阪球場(大阪市、当時)で日本のソロ歌手として初の野球場公演を行った功績をたたえた。緑の外野席に赤やピンクのバラで観客が、中央には白いバラやトルコキキョウでステージが表現された。笑顔の遺影の真下には、愛用の白いマイクスタンドが置かれた。

 法名は「修音院釋秀樹(しゅうおんいんしゃくひでき)」。歌で人々に夢を与えた功績を表し「音」。そして、長く親しまれた芸名「秀樹」をそのまま用いた。

 また、屋外には献花台を設置。代表曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をイメージし、花々で米国の星条旗を模し、別れを惜しむファンが列を作った。

 西城さんは4月25日に自宅で倒れ、意識が戻らないまま急性心不全で亡くなった。

 葬儀・告別式は26日、同所で執り行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ