産経ニュース

ボウイや清志郎…「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」 時代の雰囲気切り取る

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ボウイや清志郎…「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」 時代の雰囲気切り取る

スター撮影時の秘話が明かされていく スター撮影時の秘話が明かされていく

 デビッド・ボウイらのポートレートで知られる写真家、鋤田(すきた)正義さん(80)の創作活動の神髄に迫るドキュメンタリー作品「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」(相原裕美監督)が東京・新宿武蔵野館などで公開中だ。鋤田さんは「自分も年老いた。歩んだ道を形に残し、後進に伝えたかった」と映画化の意図を語る。

 同作では、マーク・ボランやボウイ、YMO、忌野清志郎ら名だたるアーティストのポートレートやアルバムジャケットを長年撮影してきた鋤田さんが、撮影時の思い出や、写真の影響力などを語る。

 「写真には時代の雰囲気をそのまま切り取るすごさがある」と話す鋤田さんは、福岡県直方市出身。広告会社に在職中、カラスとメンズスーツを組み合わせる独特な広告写真を発表し、注目を浴びた。独立後の72年、ロンドンで行われたボウイのコンサートに感激し、すぐに彼のマネジャーを訪ねて自分の写真を見せたところ、撮影が許可された。その出会いを機にスターのポートレート撮影に力を注ぐ。

 なぜポートレートか。「実家は化粧品店。よく留守番を頼まれた私は窓枠をフレームに見立て商店街の通行人の様子を眺めて楽しんだ。この定点観測が写真の興味を培った」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • ボウイや清志郎…「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」 時代の雰囲気切り取る

「エンタメ」のランキング