産経ニュース

【カンヌ映画祭】最高賞の是枝裕和監督が帰国会見 「トロフィーを一晩抱いて寝る」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【カンヌ映画祭】
最高賞の是枝裕和監督が帰国会見 「トロフィーを一晩抱いて寝る」

第71回カンヌ国際映画賞で受賞したパルムドールのトロフィーを手に会見に臨む是枝裕和監督=23日、羽田空港(撮影・矢島康弘)  第71回カンヌ国際映画賞で受賞したパルムドールのトロフィーを手に会見に臨む是枝裕和監督=23日、羽田空港(撮影・矢島康弘) 

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した映画「万引き家族」の是枝裕和監督が23日夜に帰国し、記者会見で「帰ってきてスタッフたちの笑顔を見たら、受賞の実感が少しずつ湧いてきた。トロフィーは一晩ぐらい抱いて寝ようと思います」と改めて喜びを語った。

 日本映画の同賞受賞は今村昌平監督の「うなぎ」以来21年ぶりとあって、羽田空港の会場には約150人の報道陣が集まった。

 受賞理由について、是枝監督は「授賞式の後、審査委員たちが私に(主演の)安藤サクラさんの演技を熱く語り、絶賛した。彼女がとりこにしたようだ」と分析した。

 今後については「“観察すること”がテレビディレクター(出身である自分)の性。引き続き映画を撮り、テレビ番組の制作にも関わっていきたい」と抱負を語った。

 「万引き家族」(6月8日公開)は、生活のために万引を繰り返す貧しい一家の物語で、安藤さんやリリー・フランキーさんらが出演。配給元によると、6月2、3日に先行上映することが決まり、海外でも149の国と地域で上映される見通しという。

このニュースの写真

  • 最高賞の是枝裕和監督が帰国会見 「トロフィーを一晩抱いて寝る」
  • 最高賞の是枝裕和監督が帰国会見 「トロフィーを一晩抱いて寝る」

「エンタメ」のランキング