産経ニュース

香港・中国で活躍中の国際俳優・葉山ヒロが日本の連ドラ初出演

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


香港・中国で活躍中の国際俳優・葉山ヒロが日本の連ドラ初出演

日本の連ドラに初出演する葉山ヒロ(C)フジテレビ 日本の連ドラに初出演する葉山ヒロ(C)フジテレビ

 香港、中国で活躍中の国際俳優、葉山ヒロ(43)が、ディーン・フジオカ主演の木曜劇場「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(木曜後10・0、フジテレビ系)に24日放送(第6話)から登場。日本の連続ドラマに出演するのは初となる。

 葉山は「昔、日本の撮影現場を拝見したことがあるが、すごく緊迫した雰囲気で楽しくなさそうな感じと、海外生活20年で私が関西弁しか話せないため日本のオファーは断り続けていた」と話し、今回は「初めて撮影チームが海外っぽいと感じ、仕事がしやすい環境に感激した。面白い内容と香港人役というのも僕にぴったりの役柄でうれしかった」と話す。

 京都出身の葉山は台湾旅行時にスカウトされ、現地でモデルやCMで活躍した。台湾に2年半滞在後、香港のジャッキー・チェンの事務所「JCグループ」にスカウトされ移籍。8年在籍後独立し、現在は中国で自らの製作会社を持ち、映画のプロデュースを行うなど幅広い活動を続けている。

 香港のアカデミー賞を総なめにしたジャッキー作品「香港国際警察」(邦題、2005年日本公開)ではメーンキャストとして出演している。

 ドラマは、幸せの絶頂から冤罪を着せられた主人公・柴門暖(ディーン)が、15年間の投獄を経て投資家の「モンテ・クリスト・真海(しんかい)」となり、3人の男たちへ復讐を果たしていく物語。葉山の役は、真海のかつての親友で今は人気俳優の南条幸男(大倉忠義)の過去を知る謎の香港マフィア、ダニー・ウォン。劇中では広東語と日本語の両方のせりふを操る。

 ディーンについては「フジオカ君の日本での活躍を海外で知り、正直にうれしいのと彼のブレイクを生かし、海外で活躍している日本人が国内でこの先もっと海外のノウハウを伝え、日本の芸能人が逆に海外で幅広く活躍できることを願っている」と期待を寄せた。

 同局の太田大プロデューサーは「リアリティーを持たせたく、葉山さんがちょうど日本にいらっしゃったタイミングでもあり、ご出演をお願いした。流暢な広東語とワイルドな魅力が、香港マフィアのボスという役柄に大きく説得力をもたらしてくださった。大がかりなアクションシーンでもその身のこなしは一流で、立ち回りなどもご提案いただきありがたかった」と起用理由などを語った。

(産経デジタル)

「エンタメ」のランキング