産経ニュース

【カンヌ映画祭】「見過ごしてしまう家族の姿を可視化する」 是枝監督のカンヌ受賞会見 一問一答 

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【カンヌ映画祭】
「見過ごしてしまう家族の姿を可視化する」 是枝監督のカンヌ受賞会見 一問一答 

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞し、写真撮影に応じる是枝裕和監督=19日、フランス・カンヌ(ゲッティ=共同) 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞し、写真撮影に応じる是枝裕和監督=19日、フランス・カンヌ(ゲッティ=共同)

 -日本の家族を描いているのか。あなた自身の家族体験とつながっているか。

 「家族を描くとき、どうすると日本的か、日本的ではないかということは、そんなに考えては作りません。ただ、今の日本の社会の中で隅に追いやられている、本当なら見過ごしてしまうかもしれない家族の姿をどう可視化するかということは考えています。それは『誰も知らない』のときもそうでしたし、今回もそうでした。

 僕が子供の頃住んでいたのは、(今回の作品の)あの家と同じように、平屋で狭くて。僕は自分の部屋がなかったので、押し入れの中に宝物と教科書を持ち込んで、そこを自分の部屋にしていた記憶があります。その押し入れの中から、子供の世界を見るということは、自分の実体験としてあります。万引をしていたわけではありません」

 -アイデアはどうやって得たのか

 「どうして描こうと思ったのかを後付けで語ると、だいたい監督は嘘をつくので、本当のことはしゃべれないと思います。だが、一つは『そして父になる』をやった後-あれは家族は『時間なのか、血なのか』を問いながら作った映画でしたが-その先に『産まないと親になれないのだろうか』という問いをたててみようと。今回の物語の中心にいるのは、自分の子供ではない子供を育てながら父親になろうとし、母親になりたいと思う、そういう人たちの話をやろうと思ったのが最初でした。

続きを読む

関連ニュース

「エンタメ」のランキング