PR

エンタメ エンタメ

TBS「あにいもうと」、山田洋次氏×石井ふく子氏で再ドラマ化 46年ぶり

「あにいもうと」の制作を発表した(左から)石井ふく子プロデューサー、女優の宮崎あおいさん、俳優の大泉洋さん、脚本の山田洋次監督=7日、TBSテレビ(三宅令撮影)
Messenger

 TBSは、映画「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督とドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などの石井ふく子プロデューサーが、「あにいもうと」を46年ぶりにドラマ化すると発表した。

 室生犀星(むろう・さいせい)(1889~1962年)が昭和9年に発表した同名小説が原作で、山田・石井コンビは昭和47年に山田監督が脚本を担当し、「男はつらいよ」の俳優、渥美清さんと倍賞千恵子さんの兄妹でドラマ化していた。今回も山田監督が脚本で、兄妹は初共演となる大泉洋さん(45)と宮崎あおいさん(32)が演じる。

 下町に暮らす赤座家を舞台に、兄の伊之助と妹の桃子の情愛を通して、時代とともに移り変わる家族の姿を描く。7日に出演者らが同局で会見した。

 山田監督は、「大好きな小説で、兄の妹に対する過剰な愛情は、寅さんシリーズの原型でもある」と話し、「もう一度、脚本を考えたいと思っていた。今回、ぴったりの配役ができてうれしい」と喜びを語った。

 大泉さんと宮崎さんは「あおいちゃんのお芝居はアドリブ含めて素晴らしい」「ただでさえ笑える台本なのに、大泉さんが演じるとさらに笑える」とお互いを絶賛。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ