PR

エンタメ エンタメ

【TOKIO会見・詳報(10完)】国分太一さん「音楽活動は白紙」、城島茂さん「断腸の思い」

謝罪会見を終え、礼をするTOKIOの(左から)長瀬智也さん、国分太一さん、城島茂さん、松岡昌宏さん=2日午後、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)
Messenger

前のニュース

 ■音楽活動は白紙

 --音楽活動について現時点でどうするのか

 長瀬さん「僕らは23年間バンドをやってきた。TOKIOの楽曲は、彼の音がないと全く形にはならない。いま、そういう状況で、それからのことはこれから、4人で話し合いながらやっていこうと思っています」

 国分さん「去年から、25周年に向けて5人で話し合ってきた。僕らはここ最近ツアーもなかったので、ファンの皆さんも楽しみにしていたと思う。音楽活動は白紙です。音楽活動について考えるのをやめて、向き合えることに向き合っていきたい」

 城島さん「もともと1988年、89年に山口と出会った。そこからメンバー全員が集まってきて、原宿の小さいスタジオで、ああでもないこうでもない、と言いながら、何もない時代からやってきた。ドラマやバラエティーなどいろいろな仕事が増えたが、TOKIOのベースに音楽があることには変わりない。だからこそ音楽活動が白紙になるのは、断腸の思いだが、きちんとTOKIOとして果たすべきことがあると判断した」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ