PR

エンタメ エンタメ

【財務次官セクハラ問題】テレビ朝日会見(2)篠塚浩報道局長「週刊現代の記事、事実無根」「情報共有できなかった責任は私に」

24日の定例会見でセクハラ問題について言及したテレビ朝日の角南源五社長(右)と篠塚浩報道局長=東京・六本木(宮越大輔撮影)
Messenger

「もみ消し、隠蔽の意図は全くなかった」

 《財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ問題に絡み、テレビ朝日の角南源五社長に続き、同局の篠塚浩報道局長が発言した》

 篠塚局長「2点ほど私から追加させていただく。昨日発売の週刊現代の記事に、先日当社の開いた記者会見の内容について、事前に総理官邸とすりあわせをしていたというような記述があったが、全くの事実無根であり週刊現代の編集長宛に書面で強く抗議した。抗議文の内容は当社のホームページに掲載している。

 この間の一部報道の中で当該社員の上司がセクハラを隠蔽したとか、もみ消したとかいう記述もあるが、これも事実ではない。上司によれば、今のメディア状況の中で自分の経験からしても現実的に報道は難しい、声を挙げることで、ダメージを被りかねない。放送できたとしても二次被害があると当該社員に説明した。もみ消しとか隠蔽の意図は全くなかった。

 当社として適切な対応ができなかったと申しているのは、報道局として情報を共有できず、組織としての判断ができなかったことを指していて、当該上司が上に上げなかったことは深く反省している。また、情報共有がスムーズにできなかった体制にある一番の責任は組織の長である私にあり、速やかに改善を図りたい」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ