PR

エンタメ エンタメ

新宿御苑で桜を見る会 首相、拉致問題「前進に全力」

桜を見る会の参加者らと記念撮影におさまる安倍晋三首相(中央)と昭恵夫人(同右)ら=21日午前、東京都新宿区の新宿御苑(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は21日午前、東京・新宿御苑で恒例の「桜を見る会」を開いた。首相はあいさつで17、18日に米南部フロリダ州で開かれた日米首脳会談に触れ、「トランプ米大統領と合計10時間40分の時間を共にした。トランプ氏は『拉致被害者が帰国するために最善を尽くす』と約束してくれた」と会談の成果を強調。「米朝首脳会談で拉致被害者の帰国に向けて前進するよう、全力を尽くしていきたい」と述べた。

 会場となった新宿御苑では、すでに桜は散り、新緑の中での開催となったが、首相はピンクのネクタイ姿で登場し、「葉桜の にぎわいありて 杯重ね」と自作の俳句を披露。「これからも日本がもっともっと元気に、誇りある国になるよう、全力を尽くすことを誓う」と決意を語った。

 「桜を見る会」には約1万7500人が参加。政財界の要人のほか、「ひふみん」こと将棋棋士の加藤一二三さんや平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜き金メダリストの高木美帆さん、タレントの梅沢富美男さんら各界の著名人が招かれ、首相と握手や記念撮影をするなどして、うららかな春のひとときを楽しんだ。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ