PR

エンタメ エンタメ

【フジテレビONE TWO NEXT】“和製ヘラクレス”“角界のアラン・ドロン”…大相撲いぶし銀列伝 3周年記念SP 霧島篇

「大相撲いぶし銀列伝 霧島篇」
Messenger

 □放送日時:4月25日(水)深夜0時~1時 リピート放送 4月28日(土)午後4時~5時

 「記録に残る大横綱」の脇には必ず「記憶に残る名脇役」の存在があった。フジテレビONE スポーツ・バラエティで好評放送中の「大相撲いぶし銀列伝」では、かつて「いぶし銀」と呼ばれ、土俵とお茶の間を沸かせた名力士たちの土俵人生を、貴重なアーカイブ映像や最新のインタビューとともに振り返る。

 3周年記念スペシャルとなる25日(水)は、鹿児島県姶良郡牧園町(現在の霧島市)出身で井筒部屋(入門時は君ケ濱部屋)所属の霧島一博。最高位は東大関で、現役時代の体格は身長187センチ、体重132キロ。得意手は左四つ、寄り、つり、出し投げ。

 筋力トレーニングを重視し、その筋肉美から“和製ヘラクレス”の異名をとり、海外興行では外国人(特に女性)からも絶賛。また甘い顔立ちでも知られ、パリ公演では“角界のアラン・ドロン”と紹介された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ