PR

エンタメ エンタメ

【財務次官セクハラ疑惑】テレビ朝日会見の一問一答「本人の強い希望で公表」

Messenger

 --福田氏の辞任を受け、女性社員は何と言っているのか

 「『福田氏がハラスメントの事実を認めないまま辞意を表明したことはとても残念です』。財務省に対しては、『事実を明らかにすることを望んでいます。全ての女性が働きやすい社会になってほしいと心から思います』とコメントしている」

 --ネットでは、女性社員を特定するような二次被害が起きかねない。改めて公表に至った理由は

 「当社として看過できなかった。なにより、当該社員本人の意向をくみ、強い希望からこのような形になった」

 --正式に抗議するということだが、日程などの見通しについて

 「できるだけすみやかにと考えている」

 --セクハラに対する意識が低いから、対応が遅れたのではないか

 「その批判は甘んじて受けたい。このことに関してはきちんと受け止めたい」

 --録音は取材ではなく、身を守るために行ったのか

 「そうだ。自らがこのような行為を受けていることを、会社なり上司に説明する際に必要になるだろう、と」

 --セクハラ行為をやめさせるために、次官や財務省に抗議などの措置はとったのか

 「取っていない。報道に関してのみの判断だった。組織全体として対応できなかったというのが反省点だと思う」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ