産経ニュース

【「西郷どん」をとりまく人々】(8)島津斉彬役・渡辺謙 圧倒的な熱量と存在感で魅了

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【「西郷どん」をとりまく人々】
(8)島津斉彬役・渡辺謙 圧倒的な熱量と存在感で魅了

渡辺謙 渡辺謙

 鈴木に対しては、「大河で主演することは、地元を背負うことになる」とアドバイスしたという。「鈴木の中にも相応の覚悟はあったと思うけど、単なるドラマを作っているのと違う熱があるので、それを全身で受け止めて」と伝えた。自身も当時の経験を「自分そのものが大きくなったように思わせられた。尊敬や憧れ、慈愛がひっくるまった思いが(地元には)ある。驚いた」と述懐する。

 渡辺の熱演は視聴者にも圧倒的な存在感を持って受け止められた。「結局はフレームの中で表現されていることでしかない」とは言うものの、「いかに人物が躍動して魅力的に見えるか」ということを念頭に日々、演じてきた。その結果について「好きとか嫌いとか、面白いとかそうでないとか。その(視聴者の)評価は委ねるところですよね」と話すが、自身のツイッターなどでの反響の大きさや高い評価が、渡辺の熱演・好演を雄弁に物語っている。

 世界という舞台で実績を残してきた男が、今年の大河にまた新たな足跡を残した-と後年、思い返される年になろう。(兼松康)

関連ニュース

「エンタメ」のランキング