PR

エンタメ エンタメ

大杉漣さんお別れ会 バイプレーヤーズの田口トモロヲさん「呆然としている」

Messenger

 大杉さんが苦労を重ね、日本を代表する名脇役に上り詰めた努力の人だった点にも触れ、「偉ぶることなく、普通に存在することの大切さを教えてくれた。どれだけ僕ら後輩が励まされたことか。あなたの後輩であり続けたことを誇りに思う」と遺影に語りかけた。

 この日は大杉さんを見いだした北野監督も姿を見せたが、沈痛な表情で無言のまま足早に会場を後にした。

 戒名は「優月院漣奏球孝信士(ゆうげついんれんそうきゅうこうしんじ)」。「優」は優しい人柄と俳優の優、「月」は月光のような穏やかな輝き、「漣」は親しんだ芸名、「奏」は表現や演奏、「球」は愛したサッカー、「孝」は本名-を意味しているという。 (文化部 高橋天地)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ