PR

エンタメ エンタメ

【NHK上田良一会長定例会見録】放送制度改革には終始慎重発言 退職の有働由美子アナにエール

NHKの上田良一会長
Messenger

 NHKの上田良一会長の定例会見が5日、開かれた。民放社長がこぞって反対の姿勢を表明している政府の放送制度改革案については、慎重発言に終始。3月31日付で退職していたことが分かった有働由美子アナウンサーにはエールを送った。

■新朝ドラは好発進

 --(幹事社・毎日)新年度スタートにあたっての所感を

 「平成30年度予算が衆参両院で全会一致で承認され、『新3カ年計画』の初年度は順調にスタートした。4月2日にはグループの合同入局・入社式があり、498人の新しい仲間を迎え入れた。平昌五輪・パラリンピックを終え、2年後には東京大会。最高水準の放送サービスを提供すべく着実に取り組みたい」

 「営業面では、毎年度1ポイントずつ受信料支払い率を向上させ、32(2020)年度に83%とする経営計画である新3カ年計画がスタートした。昨年の最高裁判決を踏まえ、受信料制度の意義を丁寧に説明し、国民の信頼を得るための取り組みと公平負担を徹底する」

 「新たな連続テレビ小説『半分、青い。』は好調な滑り出し。『あさイチ』は博多華丸・大吉さん、近江友里恵アナウンサーでスタート。夜も多彩な新番組を放送するのでご期待いただきたい。4K8K放送元年となる今年は、テレビの新たな魅力を発信する」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ