PR

エンタメ エンタメ

「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」 絶好調の東啓介 「最後の最後に衝撃」

「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」主演の東啓介(兼松康撮影)
Messenger

 「弱虫ペダル」などの“2.5次元ミュージカル”で人気を博した東啓介(22)が、石丸さち子の脚本・作詞・演出のオリジナルミュージカル「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」で主演する。「わかりやすい現代版のロミジュリ」と話す東の演技に注目が集まる。

 2018年、経済復興特別区「グラント」が、「デルヒ」と「ゼムリャ」という2つの街に分かれ、対立が激化する。デルヒのハワル(東)はある日、友人らとゼムリャの祭りに潜り込み、そこで出会ったリェータ(豊原江理佳)とまたたく間に恋に落ちるが…。

 「『スカーレット・ピンパーネル』『マタ・ハリ』とお世話になった石丸さんに抜擢(ばってき)していただいた。今回は恩返しでもあり、新たな挑戦という感もある」

 東はこう話す。石丸の演出では「自分でシーンの絵コンテを描いてどういう場所、時間帯で何が起こっているのかを考える」といい、それが実際の演技でも役立っているという。

 「ストレートプレイ(せりふ劇)の要素も多いので、立ち居振る舞いや、歌と芝居の転換をいかに自然にするか」といった課題に、先輩で友人のポドフ役を演じる柳下大の演技を参考に勉強した。高校時代に最初に見て衝撃を受けた帝国劇場の舞台に、30歳までに立つのが夢だという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ