PR

エンタメ エンタメ

フジ・宮司アナ「レイトン」で声優初挑戦 主役・花澤香菜からせりふ伝授

ロンドンバスやカトリー(右)と一緒に撮影を行った花澤香菜(左から3人目)ら関係者たち=東京・台場のフジテレビ
Messenger

 人気のアドベンチャーゲーム「レイトン」シリーズが世界で初めてアニメ化される「レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル」(4月8日スタート、日曜前8・30)の出演者らによる舞台あいさつが29日、東京・台場のフジテレビで開かれた。

 物語の舞台はイギリス・ロンドン。主人公はレイトン教授の娘であるカトリーエイル・レイトン。「どんなナゾもすべて解決、それが我がレイトン探偵社のモットーです」を掲げ、しゃべる犬のシャーロと助手のノアと一緒に探偵社を営んでいる彼女は、突然姿を消した父を探す目的で探偵になるが、やがて不思議な事件を日々解決していく。

 カトリーの声を担当する花澤香菜(29)は「動きがかわいく、一日何をしようかとワクワクさせてくれるようなキャラクター」と語り、エンディングテーマ「大丈夫」も担当するだけに「より思いをはせる作品」と熱が入る。

 オープニングテーマ「チェンジっ!」を歌うシンガーソングライターの足立佳奈(18)も「初テーマ曲で夢みたい、幸せ」と喜びのコメント。クリエイティブディレクターで原案・シリーズ構成の日野晃博(レベルファイブ代表取締役社長 /CEO)は「必ずカトリーを好きになる」と明言していた。

 第1話には今井翼がゲストとして登場。初のアニメ出演となり、この日も参加が予定されていたが、メニエール病を再発させ緊急入院。急きょ欠席となった。

 また、会見の司会を務めたフジの宮司愛海アナウンサー(26)が第6話にイギリス人の大学生役で声優に初挑戦することも発表され、花澤からせりふのレクチャーを受ける一幕も。さらに、レイトン教授はベテランの山寺宏一が担当することも明かされた。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ