PR

エンタメ エンタメ

トウガラシ食べてALS患者支援 「ペッパー・チャレンジ」 有名人ら続々参加

ケリー・クラークソンさん(AP)
Messenger

 【ロサンゼルス=住井亨介】筋肉がやせて次第に体が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援しようと、多くの人がバケツに入れた氷水を頭からかぶった運動「アイス・バケツ・チャレンジ」が形を変え、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を介して広がっている。

 今回は「ペッパー・チャレンジ」と呼ばれ、激辛のトウガラシを食べる。ルールはアイス・バケツの時と同じで、トウガラシを食べる様子を撮影した動画をフェイスブックなどで公開し、今度は自分が次に参加する候補者を指名する。友人に指名されればトウガラシを食べるか、ALS支援団体に寄付するかを選択するが、多くの参加者は食べた上で寄付しているという。

 歌手のケリー・クラークソンさんや、人気テレビ司会者で3月4日の米アカデミー賞授賞式で司会を務めたジミー・キンメルさんら有名人が次々と参加し、支援の輪が広がっている。

 米テレビ「KABC」(電子版)によると、母親のパティさんがALSと診断されたハーバーストローさん一家が、スヌーピーで有名な人気漫画「ピーナッツ」に登場する女の子、ペパーミント・パティの名前にちなんでトウガラシを食べて募金を呼びかけたのが始まり。

 90日間で5万ドルという当初目標が1カ月で達成されたことから、新たな目標額は100万ドル。すでに53万ドル超が集まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ