PR

エンタメ エンタメ

宝塚が10年ぶり「雨に唄えば」上演 6月に月組で 主演スターらが会見

 ダンス場面の多さにはやはり覚悟が必要なようで、珠城さんは「タップダンスがたくさん出てきます。映画のジーン・ケリーさんが大変素晴らしいダンサーで、躍動感があってダイナミックなダンスを披露される方でした。そこまでは無理とは思いますが、エレガントで大人っぽいけれども、ヒロインにはピュアな主人公の人間らしさもくみ取りながら表現できればと思います」と意気込んだ。

 また親友のコズモ役を演じる美弥さんも、「海外でも長く愛されている作品。宝塚でも3回目ということで、たくさんの先輩方や役者さんに大切に育てられた作品を、今の月組でさせて頂けるのはとても光栄」と喜びの表情。さらに「今の月組でしかできない新しいエッセンスを加えられたらいいと思います。私の演じるコズモという役は、コミカルな役ですので、新しい挑戦をさせていただく。(珠城さんと)お互いの個性を残しつつ、新しい2人の友情や、心温まる恋がからみ、すべての人が楽しめるような公演になればいい」と話していた。

 公演は6月16日から7月4日まで、東京・TBS赤坂ACTシアター(港区)で(前売り開始は4月29日)。問い合わせは(電)0570・00・5100。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ