PR

エンタメ エンタメ

梅宮辰夫さん、顔面30針縫う大けが ホテル入り口で転倒、顔面強打

梅宮辰夫生誕80年・芸能生活60年を祝う会に顔面を絆創膏姿で登場した梅宮辰夫さん
Messenger

 俳優、梅宮辰夫(80)が15日、東京・芝公園の東京プリンスホテルで生誕80年・芸能生活60年を祝う会を開き、額の右側を30針縫う大けがを負ったことを明かした。開演前にホテル入り口で転倒し、顔面を強打。額のほか、右頬や鼻も裂傷し、公演には顔の右側に大きな絆創膏を貼った痛々しい姿で登場したが、「ぶざまな姿だけど勘弁してくれ! オペラ座の怪人だ」と“役者魂”で盛り上げた。(サンケイスポーツ)

 生誕80年と芸能生活60年をダブルで祝う初のディナーショーの直前に起こった緊急事態。梅宮が登場する前に司会を務めたタレント、山田雅人(57)から衝撃の事実が告げられると、会場の300人からどよめきがわき起こった。

 自身の代表曲「ダイナマイトロック」を歌いながらステージに現れた梅宮はサングラス姿で顔の右側は絆創膏が貼られた痛々しい姿。驚く観客に「笑ってくれ、この顔。俺の顔に免じて勘弁してくれな。きょうはオペラ座の怪人でいくよ」と自虐的に笑わせた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ