PR

エンタメ エンタメ

“北野”残す?たけし独立でオフィス北野の社名変更も検討

Messenger

 お笑い界の重鎮で、世界的な映画監督でもあるタレント、ビートたけし(71)が3月末で所属事務所のオフィス北野を退社し、独立することが14日までに分かった。(サンケイスポーツ)

 森昌行社長はオフィス北野の今後について、「大黒柱(たけし)がいなくなることを考慮し、規模の縮小や会社のシステムの見直しを含めて早急に対応したい」と説明。関係者によると、社名の変更も検討される一方、“北野”の名前を残したい声もあるという。また、森氏はたけしの小説「アナログ」の映画化について「将来的にはあり得るかもしれないが、私が(プロデュースを)やるかどうかは分からないし、具体的なことは何も決まっていない」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ