PR

エンタメ エンタメ

若者向けドラマが“オバ女子”に支持された理由…月9「海月姫」座談会

Messenger

 林「月海と蔵子の共通点は“お母さん”。だからついつい私もお母さん目線で見てしまう。先日70代くらいの3人の女性がお店で『海月姫』を話題にしていた。孫を見るように視聴している感じで『蔵之介と修、月海はどっちを選ぶのかしら? シンガポールへは行くのかしら? 寝ないようにして見ているの』と話されていた。なんだかほほえましかった。月海は蔵之介の気持ちに気づいているのか、いないのか。私は曖昧なところがあっていいと思う。もどかしくってイラッとしないかって?  あれがいいのよ(笑)」

 村上「私もイラッとはしないかなあ(笑)」

 --恋愛の描き方はどうですか? 懐かしさを感じたりしますか?

 林「手をつなぎたいけど、つなげない。でも、つないだらつなぎっぱなしみたいな? 昔の人の方がグイグイくるけど、今の時代はストーカーになっちゃうから(笑)。その分、自由でいい。修はちょっとグイグイ系かな」

 原田「蔵之介が我慢して我慢して堪えきれず爆発するところがいい。『よしよし、本当は好きなんだもんね』って、そこでまた母目線で見ちゃう」

 細川「基本、蔵之介にがんばってほしい。でも修もいい子だから。見ていて切ない。私は看護師でそれまで無頓着だったけど、『海月姫』を見始めてから化粧をするようになったかなあ(笑)」

茅野「クラゲの指輪(修が月海に贈ったベネチアでの特注指輪)がすごく気に入った。あんなのをプレゼントされたら即決めちゃう(笑)」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ