PR

エンタメ エンタメ

【鑑賞眼】世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 自分探しから鎮魂の旅へ

Messenger

 父の故国を訪ねるルーツへの遡行は本来、自分探しの旅だったが、やがて死者名を虚心に残そうとする始原の境地へと至るのだ。古典を援用しながら、陰惨な現実を超えた彼岸で奏でられる鎮魂歌とも言えよう。

 亀田、岡本、中嶋の好演をはじめ、緊密度の高い舞台だ。

 11日まで、東京都世田谷区のシアタートラム。(演劇評論家 小山内伸)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ