PR

エンタメ エンタメ

サンリオピューロランドでハローキティ歌舞伎 増える訪日客の誘致も視野

隈取りしたサンリオキャラクターが勢揃いするフィナーレ(C)2018 SANRIO CO.,LTD.(飯塚友子撮影)
Messenger

 ハローキティが歌舞伎一座の座頭にふんし、キュートな着物姿や見得まで披露する新作ミュージカル「KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~」(横内謙介脚本・演出・作詞)が3月10日から、室内型テーマパーク「サンリオピューロランド」(東京都多摩市)内のメルヘンシアターで開幕する。歌舞伎興行を牽引(けんいん)する松竹が監修し、歌舞伎俳優の中村獅童さんらも協力するなど本格作品で、増加する訪日外国人観光客を呼び込みたい狙いもある。

 「KAWAII KABUKI」は、おなじみのサンリオキャラクターたちが「飛び六方」「大立ち廻り」など、歌舞伎独特の演出で活躍する。

 冒頭、黒衣(くろご)が客席に降り、かけ声のかけ方などをやさしく指導。歌舞伎座からの“中継映像”という設定で歌舞伎俳優、坂東巳之助さんが「キティ!」などと「大向こう(かけ声)」の手本も示してくれ、体験参加型ショーとしての一体感も得られる。

 ハローキティが描かれた定色幕(じょうしきまく)が引かれると、裃(かみしも)姿のキティが「座頭ハローキティでござりまする」とかれんな声で口上。続いてこけら落とし公演「桃太郎」が開幕、鬼役のバッドばつ丸に立ち向かう桃太郎家来ディアダニエル、シナモロール、ポムポムプリンの3武将が名のりを上げると、客席壁にプロジェクションマッピングの鮮やかな映像も投影され、劇的効果を上げる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ