PR

エンタメ エンタメ

【辻一弘さんアカデミー賞】小学生のとき見た「スター・ウォーズ」が人生を変えた 「アメリカ人との仕事は大変」

チャーチル元英首相役のゲイリー・オールドマンさん(右)に特殊メークを施す辻一弘さん
Messenger

 「(主演の)ゲイリー・オールドマンさんに感謝したい。素晴らしい役者でアーティスト、本当の友人です」-。

 4日(日本時間5日)、米アカデミー賞でメーキャップ・ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘さん(48)は、京都市で生まれた。小学生のときに「スター・ウォーズ」を見て映画の世界に憧れ、平安高校在学中に独学で特殊メークを身につける。

 日本で「スウィートホーム」(黒沢清監督)や「八月の狂詩曲(ラプソディー)」(黒澤明監督)などの作品に携わった後、特殊メークの本場、米ハリウッドで学びたいと、「ゴッドファーザー」などのメークで知られるディック・スミスに手紙を書いて弟子入りを志願。1996年に渡米し、スミスの弟子に当たるリック・ベイカーの工房で働くようになった。

 念願の本場での仕事。だが辻さんは、文化の壁にぶち当たったと振り返る。

 「アメリカ人と一緒に仕事をするのは大変でした。日本人みたいな気遣いはないし、個人社会なので、そこでどうやって生きていくか、最初のころは悩みました。仕事の姿勢というか、毎日同じことを繰り返していれば楽なんです。でもそこから一方、踏み出さないと進歩していかない。最初は半分けんかというか、激しいディスカッションでしたね。でもリックさんも人一倍努力する人で、一緒になって雰囲気を変えていこうとしてくれました」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ